未分類

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング(著者;赤羽雄二)

Featured Video Play Icon

今回取り上げる本は、累計17万部突破のロングセラー『ゼロ秒思考』です。

 

「仕事で成果を出したい」「頭の回転を速くしたい」なんなら「メンタルも強くなりたい」と、わがままなビジネスパーソンに対し、究極の思考法を伝授します。

 

著者の「赤羽雄二」氏は、世界を代表するコンサルティング会社、マッキンゼー・アンド・カンパニーで14年間活躍しました。まさに、「思考のプロ」と言っていいでしょう。

 

ページ数は214ページありますが、10分にまとめて要点を解説していきます。

『ゼロ秒思考』の要点

本書の結論は以下の4つです。

  1. 「ゼロ秒思考」とは、瞬時に決断できること
  2. 「ゼロ秒思考」の正体は「メモ書き」
  3. 「メモ書き」は「とにかく書く」がコツ
  4. 「ゼロ秒思考」により近づくには「深掘り」

以降では、具体例を交えながら深掘りして解説していきます。

 

1つ目は、“「ゼロ秒思考」とは、瞬時に決断できること”について。

 

まず、気になるのが本書のタイトル「ゼロ秒思考」です。「ゼロ秒思考」とは、読んで字の如く、「ゼロ秒」で「思考」することを意味します。

 

著者は、「ゼロ秒思考」について、

「瞬時に現状を認識し、瞬時に課題を整理し、瞬時に解決策を考え、瞬時にどう動くべきか意志決定できること」

と述べています。

 

まさに、ビジネスパーソンであれば、喉から手が出るほど欲しい能力ですね。

 

さらに、このゼロ秒思考で手に入るメリットは以下の通りです。

 

・瞬時に考えることができる

・深く考えることができる

・心がコントロールできるようになる

・ストレスや不安、恐怖が軽減される

・前向きになる

・お金がかからない

・3週間ほどで効果を期待できる

 

「考える力」が手に入るだけでなく、ストレスが軽減したり、前向きになれたりと、「心もコントロールできるようになる」のです。

 

なぜ、心にまでアプローチできるのかというと、「思考や感情は言葉にできる」からです。

 

「もやもやしていること」「ずっと悩んでいること」「言葉にならない言葉」「結論の出ないこと」など、頭の中では、実に様々な思考や感情が渦めいています。

 

この頭に浮かんだことを「紙」に書き出します。そしてすべて吐き出すと、なぜか「心が前向きになる」のです。

 

これは、思考を言葉にしたことによって、自分がどんな不満や悩みを抱えていたのかを認識することができたため、「前向きに」なったのです。

 

このことから、「思考は言葉によってなされる」ことを強く意識することから「ゼロ秒思考」は始まります。

 

2つ目は、“「ゼロ秒思考」の正体は「メモ書き」”について。

 

思考を言葉にすることのメリットがわかりました。では、どうしたら、「ゼロ秒思考」を手に入れることができるのでしょうか?

 

ゼロ秒思考を手に入れる最短、最良の方法が「メモ書き」です。

 

その方法とは、

 

・A4用紙を横置き

・1件1ページ

・1ページに4~6行、各行20~30字

・1ページを1分以内

・毎日10ページ書く

 

というのが、基本フォーマットです。

 

例えば、「部下にすぐ怒鳴ってしまう」という悩みを抱えた上司がいたら、

 

タイトル「自分ならどんな指導を受けたいか?」

 

・自分の課題を明確にしてほしい

・自分の課題に対して具体的な行動指導をしてほしい

・フィードバックして、何が良くなっているか明確にしてほしい

・良い、悪いをはっきり伝えてほしい

・やる気を持たせてほしい

・自分でもできるかもと自身を持たせるフィードバックがほしい

 

このように、「タイトル」と、それに対して「思ったこと」を数行書き連ねます。

 

そして、これを「1件」として、他のタイトルも考えてみます。

 

「自分はどんな指導者になりたいか?」

「自分が怒鳴られたらどんな気持ちになるか?」

「怒鳴られた相手の気持ちは?」

 

これらも同様に、思ったことを数行書いていきます。すると、「なぜ怒鳴ってしまうのか」の答えが次第に見えてくるのです。

 

このメモ書きを3週間から1ヶ月続けると、頭に言葉が浮かぶようになり、アイデアが続々と生まれてくるようになります。

 

さらに数ヶ月続けると、瞬間的に全体像が見えたり、問題点の課題が整理できたり、答えが見つかるといいます。

 

まさに「ゼロ秒思考」ですね。

 

3つ目は、“「メモ書き」は「とにかく書く」がコツ”について。

 

「思ったことを書く」ことで「ゼロ秒思考」に到達できることがわかりました。

 

では、これを実際のビジネスシーンで活用するために、さらに詳しく紹介したいと思います。

 

用意するのは、たった2つ。A4用紙1枚とペン。

 

まずは、「タイトル」からです。

 

タイトルの書き方は、基本的には「何でもOK」です。頭に浮かんだことをタイトルにしましょう。

 

例えば、仕事に関するタイトルだとしたら・・・

 

・どうすれば仕事のスピードを上げられるか?

・仕事がうまくできる時、できない時

・今日明日で仕上げてしまうこと

・課長になったらしたいこと

 

仕事以外にも、勉強、読書、コミュニケーション、将来のこと、健康のことなど、プライベートなことでも、何でもありです。

 

素直に頭に浮かんだことを書き、「考えない」ことがポイントです。

 

もし昨日、頭に浮かんだことと、今日、頭に浮かんだことが、似たようなタイトルだったとしても、躊躇なく書くことが大切です。

 

同じタイトルが浮かぶということは、まだ頭の中で整理されていない証拠です。毎日書き出していくことで、次第に頭の中で整理され、問題解決へと向かいます。

 

次は「本文」の書き方です。

 

本文は、4~6行。各行20~30字が基本です。

 

こちらも、余計な事を考えず、ひたすら頭に浮かんだことを書きます。

 

はじめは、1~2行しか書けなくても、すぐに書けるようになるからご安心を。

 

また、各行は短すぎても練習にならないので、20~30字書くように努めましょう。こちらも慣れてくると、すぐに書けるようになります。

 

そして、「書く順番を気にしないこと」です。「書く順番」とは、「起承転結を意識したり、帰納法、演繹法などを意識したりすることです。

 

実のところ、人間の脳は「何かしないといけない、ルールに従わないといけない」と思うと、途端に働かなくなってしまいます。なので、書く順番は気にせず、思いついたままを書くことがポイントです。

 

以上を踏まえると、「ゼロ秒思考」になるための「メモ書き」のコツは「とにかく書く」ということでした。

 

4つ目は、“「ゼロ秒思考」により近づくには「深掘り」”について。

 

「メモ書き」は「とにかく書く」ことがコツでした。さて、この「メモ書き」、書いただけではもったいないです。

 

この「メモ書き」をもっと有効活用することで、さらに「ゼロ秒思考」に磨きをかけることができます。

 

最後は、メモ書きを「有効活用する方法」についてお伝えします。その方法として著者が紹介しているのが、「深掘り」です。

 

「深掘り」とは、1つのタイトルをもとに、さらに4~6ページ深掘りしていくことで、考えが一気に深まるというものです。

 

例えば、「なぜ上司は私に話しかけてくれないのか?」というタイトルを書いたとします。

 

タイトル「なぜ上司は私に話しかけてくれないのか?」

 

・先日の会議での発言が気に入らなかったのではないか?

・他の上司とのもめ事を気にしているのではないか?

・奥さんとケンカして機嫌が悪いのではないか?

・忙しくて、話しかける時間がないのではないか?

 

今度は、この本文を、それぞれ「タイトル」にし、細分化していきます。

 

それぞれ4つのメモ書きが完成すると、上司の気持ちと自分の置かれた立場について、正しく理解でき、気持ちが楽になり、仕事がうまく進むのです。

 

ここで、目指すのは「答えをみつけること」ではありません。あくまで「自分の気持ちが整理され、仕事に集中できること」です。

 

その答えを出してくれるのが、「メモ書き」なのです。

 

『ゼロ秒思考』のまとめ。

 

  1. 思考と感情を瞬時に言語化できるのが「ゼロ秒思考」
  2. 思ったことを紙に書くだけで「ゼロ秒思考」になれます。
  3. 「とにかく書くことがコツ」と覚えておきましょう。
  4. メモ書きの「深掘り」で、思考も深掘りしましょう。

 

この動画では、『ゼロ秒思考』の超重要なポイントのみに絞って解説してきました。

まだ読んでない人は、この機会にぜひ読んでみてくださいね。